スモール起業ってなんだと思います? 泉澤義明

スモール起業って何でしょう?

100円稼ぐ事が出来ればスモール起業

私の定義する「スモール起業」とは、

会社から給与を貰う事でもなく、

アルバイトで時給を頂く事ではなく、

自分でお金を稼ぐ事(自分のアイデア・行動でお金を頂く事)

1円でも100円でも、自分で稼ぐ事が出来ればスモール起業だと思っています。

「そんなの起業ではない、副業じゃないか」と思うかもしれませんが、

自分で100円稼ぐ事が出来ればスモール起業です。

自分の稼いだ100円がどんなに大事な意味があるか、自分で稼いだ事がある方はきっと判ってくれると思います。

もしまだ、自分で稼いだ事が無い方は、今すぐ自分で稼いでみて下さい。

何をすれば良いか分からない場合は、不用品を売ってみてください。

携帯があれば売る事が出来ます。

自分で稼いだお金は、初給与の嬉しさよりも、

何倍も嬉しいと思います。私は、ガッツポーズが出るほどうれしかったです。

今思うのは自分で稼ぐ事が出来た事が、

起業する事が現実化を帯びてきた.最初の瞬間だったと確実に思います。

 

独立のタイミング

おそらく、副業する人にしても、

あと3万円稼げればと思いはじめてみた人も、

稼げるようになると10万、20万円になっていきます。

すると、「独立起業するか?」と思うようになっていくはずです。

実際にそういう人は沢山います。

 

起業するときの一番の近道

起業するにはいろいろな手法や目指す方向がありますが、

いまの自分ができること、

いまの自分がもっているスキルを使うのが一番の近道で、効率的なのです。

その方法も後半で具体的に紹介していきます。

「自分で稼ぐ・自分で稼ぐを続ける・給与と同じ位になった時に具体的に会社を辞めるか?

考える活が出来る・家族がいるなら家族とる」規模のビジネスを継続するということです。

 

スモール起業する事により、自己成長が加速していきます。

誰か言われて行動するのではなく、

自分で考え、自分で決定して、行動する。

全て自己責任なのです。

自分の裁量ですべてを決めてすすめられます。

その上、規模が小さいからといって、利益が小さいとは限らないのです。

やる気がある人なら、まずは自分で稼いでみるスモール起業からはじめてみてはいかがでしょうか。

やりたいことがわからないのが当然!

「起業はしたいけれど、何をやればいいかわからない」

私自身もそうでした。

起業セミナーに参加して、ビジネモデルを考える・資金計画を立てるワークをしたりしましたが、自分には何が出来るか?

 

「やりたいことがわからないのが当然なのです。それが普通です」

 

大きく起業している人の中には、ある事業をやりたいと考えて起業した人もいます。

正直なところ、自分の器を考えた時に、とても自分には出来ないと感じました。

起業することに何か資格、人脈、資金、は勿論あったに越した事はないです。

起業と聞くと、社員を増やし、会社を大きくして、支店や支社を作り、

やがては株式市場に上場したいと計画を描く人もいるでしょう。

私もそう思っていた事があります。

志を高くして、売上を何百億円の企業を目指すのだというは素晴らしい事です。

実際、そういう成功者もいます。

 

最初から決めなくていい

でも、スモール起業は「やりたいこと」が分かっていたわけではないということです。

だから迷うし、ビジネス雑誌やビジネス本などを片っ端から読み漁ります。

それも大切なことなのです。

起業はできますし、社員を雇わなくても起業はできるのです。

しかし、やりたいことがわからないと諦める必要はありません。

行動をしていると知らずのうちに、自分がやりたくないことはわかってきます

また、やりたい方向の仕事についてもわかってくるものです。

インターネットで、「起業」を検索すると、多くのサイトがずらりとヒットします。

 

 ・マッチングビジネスで独立開業

 ・物販ビジネスで独立開業

 ・ブログビジネスで独立開業

 ・YouTubeを活かしたビジネスで独立開業

 ・コンサルティングとして独立開業

 ・投資家が投資したい事業で独立開業   

 ・新規顧客営業代行ビジネス

 ・完全歩合の業務委託で働く   

 ・フランチャイズビジネスで独立開業

 

興味がありそうな物、小さなことからやってみる

ここが重要だと思うのですが、

私もオークションの他にも・アフィリエイトにもチャレンジしました。

FXもやってみました。株式投資もやってみました。

私の中では、シンプルに安くし仕入て高く売る物販が結果が出ました。

そして何より嬉しかったのが、

自分だけでもなく購入して頂けた方も喜んで頂いたことです。

 

そういうことを自分自身に問いかければ、本当にやりたいかどうか答えはでるでしょう。

そういうものを外して、絞り込めば、やがて見つかります。

 

泉澤義明

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です